痴呆症と介護施設

痴呆症がどのような症状であるかは一般の人でも知っているかもしれません。
しかし、痴呆症のための介護施設とそうではない介護施設を比較して、違いを知っている人は少ないでしょう。
具体的にどのような違いがあるのでしょう。
グループホームなど介護を前提とした施設でも、痴呆症は別のカテゴリーになります。
痴呆症は体が動かないと言った介護ではなく、症状を十分理解したスタッフが必要だからです。
施設にも様々な種類があります。
入居条件も細かく決められています。
単にお金があって希望するだけでは入居できない場合もあります。
介護施設を分類してみると違いがわかります。
特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム、ショートステイなどがあります。
比較的おすすめなのは有料老人ホームです。
お金を払うのですから、お年寄りの痴呆症の程度に合わせたケアを受けることができます。
もちろん、そのための設備などが完備されている必要があります。
スタッフの質も重要ですね。
痴呆症の老人は他の入居者とトラブルになるケースが多いですから、状況によっては居住区域を分けることも必要でしょう。
もちろん、病気にかかった場合には必要な治療を受けることもできます。

痴呆症になると当人が判断できないことも多くなり、家族が決めなければなりません。
親のことをどれだけ理解してあげられるかによって、選ぶ介護施設が変わるかもしれません。
ただ、家族はいつまでも長生きをしてほしいと願っています。

痴呆症介護施設のランキング

痴呆症の親を持っている人は介護施設をどのようにして選んでいるのでしょうか。
もちろん、その地域でのケアマネジャーなどに相談することから始めるでしょう。
ただ、最近はインターネット上でも介護施設の比較ができるようになってきました。
どこでもよいわけではなく、痴呆症に対応した介護施設を選ぶことが重要です。
介護施設の満足度を点数化して、比較することができます。
しかし、介護施設の質に対する満足度は個人によって大きく異なります。
スタッフの対応も、いつも同じとは限りません。
単純な比較は現実的ではないでしょう。
痴呆症の症状が重い場合、共同生活に支障をきたすことも考えらえます。
介護施設から入居を断られるケースもあります。
認知症には症状によって程度が決められています。
そして、介護施設もどこまで対応できるかを明確にしているのです。
認知症で重要なのは日常生活がどの程度できるかと言うことです。
認知症の老人でも、初めて会う人にとその症状に気づかない場合もあります。
体も動きますし、意識もしっかりしているからです。
しかし、ちょっと前のことを覚えていなかったり、勘違いをしていたりすることが多くなります。

本人は気づいていないことが問題を起こすことになるのです。
ランキングを参考にすることも悪くないでしょうが、実際の施設を見ることが重要です。
ショートステイなどで体験してみるのも悪くないでしょう。
介護施設への入居にはお金がかかります。
介護保険を利用したとしても、十分ではありません。